記事一覧

表参道ヒルズにレインシューズブランド「ピンクバイパラドックス」

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpgアップロードファイル 11-4.jpg

表参道ヒルズは6月1?7月15日までの間、レインシューズブランド「ピンクバイパラドックス(PINK BY PARADOX)」のワゴンショップをオープンする。「履いて楽しくなる靴」をテーマにポップなデザインのシューズを揃える。主力商品であるリボンが取り外し可能なレインブーティー(5550円)。素材は、エナメルとスエードのように起毛したヌバックの2タイプで、カラーはそれぞれベージュ、ネイビー、ブラック、ピンクの4色を用意する。

 館内では、各ショップが梅雨シーズンに最適なデザイン性や機能性に優れたレイングッズをラインアップ。「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」と「キワシルフィー(KIWASYLPHY)」のレインシューズのほか、「マークスタイル トーキョー(MARK'STYLE TOKYO)」の傘、「リボン ハッカ キッズ(RIBBON HAKKA KIDS)」の子供用レインポンチョ、「ハンナリ(HANNARI)」の犬用のボディーガードなどさまざまな商品を販売する。

 今年、表参道ヒルズが勧めるレインシューズは、つま先の尖った"ポインテッドトゥ"。「アーバンリサーチ」はレオパード柄のPVCフラットシューズ(4200円)、「キワシルフィー」では、シューズブランド「メリッサ(MELISSA)」と「ジェイソン ウー(JASON WU)」のコラボレーションしたラバーシューズ(1万1250円、すべて税抜き)を取り揃える。

藤原ヒロシやピッチョーリに加え、新メンバーも参画 勢いを増す「モンクレール ジーニアス」の新コレクション大解剖

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

「モンクレール(MONCLER)」は2月20日、今やミラノ・ファッション・ウイークに欠かせない存在となっている「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の2019-20年秋冬コレクションを発表した。昨年2月にスタートした同プロジェクトでは、さまざまなクリエイターとの継続的なコラボレーションにより「モンクレール」の多様な可能性を探求。今季はミラノ中央駅沿いの高架下にクリエイターごとのスペースを用意し、その才能と個性を生かして制作されたコレクションをインスタレーション形式で発表した。

メンバーは、既存の「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli )、「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」の藤原ヒロシ、シモーン・ロシャ(Simone Rocha)、クレイグ・グリーン(Craig Green)、「モンクレール グルノーブル(MONCLER GRENOBLE)」のサンドロ・マンドリーノ(Sandro Mandrino)、「パーム・エンジェルス(PALM ANGELS)」のフランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)に加え、今回から「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」のマシュー・ウィリアムズ(Matthew Williams)と、ロンドンを拠点に自身の名前を冠したブランドを手掛けるリチャード・クイン(Richard Quinn)が参画(過去2シーズンにわたり協業した「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」の二宮啓はプロジェクトから離れた)。また、これまでデザインチームで手掛けていた「2 モンクレール 1952(2 MONCLER 1952)」も、ウィメンズにはフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)による「セリーヌ(CELINE)」でプレ・コレクションを手掛けていたヴェロニカ・レオーニ(Veronica Leoni)、メンズには「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」や「MSGM」のメンズ・コレクションを手掛けていたセルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)を新デザイナーとして迎えた。ここからは、各コレクションの特徴をレポートする。

「モンクレール リチャード・クイン」のテーマは“プリントの可能性”。クインらしいフラワーモチーフで埋め尽くされた空間で、フラワー、ポルカドット、レオパード、ゼブラといったどこか懐かしさを感じさせるプリントアイテムを提案した。異なる柄を組み合わせる華美なスタイルと、1950年代や60年代風のシェイプが特徴的だ。

「モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ」は今回、アフリカの職人技を生かしたブランド「レムレム(LEMLEM)」も手掛けるモデルのリヤ・ケベデ(Liya Kebede)とタッグを組んだ。テーマは“クチュールとカルチャーの結合”。前秋冬に続きエレガントなイブニングドレスのコレクションを打ち出すが、今回はよりドラマチックなフレアラインとアフリカのテキスタイルを彷彿とさせる柄のインターシャがポイントになっている。

「モンクレール 1952」は、メンズとウィメンズにそれぞれデザイナーが就任したことで、世界観の違いがより明確化した。ウィメンズは、 “多様性の強さ”をテーマに、ハイテク素材や実用的なシェイプをレイヤードすることで、「モンクレール」のメゾンコードを再解釈。着用する人次第で変わる自由な着こなしを提案する。一方、メンズのテーマは“リラックスしたスピリット”。ユースカルチャーに根付いたブランドのヘリテージを再解釈し、グラフィックを用いたポップで実用的なスタイルにリラックス感を取り入れた。また、ミラノ発のレザーグッズブランド「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」とのコラボバッグも発表。

「モンクレール グルノーブル – サンドロ・マンドリーノ」のテーマは、“無限の技術的フリーダム”。マンドリーノはウッドストックが50周年を迎えた今、マウンテンギアがフェスティバルにも適しているという考えを導き出し、レイヤードや自由で賑やかなムードをスキーウエアやマウンテンウエアに取り入れた。ショップリフター(Shoplifter)という名で知られるアイスランド人アーティストのHrafnhildur Arnardóttir(フラプニルドゥル・アルナドッティル)と共同制作したカラフルなセットの中で、音楽に合わせてモデルたちが思い思いに踊る姿も印象的。

「モンクレール シモーン・ロシャ」は、トレードマークであるロマンチックなシェイプを“プロテクション”として捉え、そこからイメージを膨らませた。テントやブランケットから着想したボリュームのあるシルエットをケープとして提案したり、イギリスの伝統的な刺繍をアウトドアアイテムに用いたりと、“自然におけるユニフォーム”というテーマを探求している。

「モンクレール クレイグ・グリーン」は“歪曲的ボリューム”をテーマに、これまで2回にわたるコラボのアイデアをさらに発展させている。考案したのは、畳んだり、平らにすることで収納できる軽量なモジュールの集合体を表現した大胆なボリュームのアイテム。今回もコンセプチュアルな表現で群を抜いているが、これがどのようにコマーシャルピースに落とし込まれるかにも注目だ。

「モンクレール 1017 アリックス 9SM」が掲げるのは、“モダンな機能性と快適さ”。「1017 アリックス 9SM」のモダンな美学やテクニックを「モンクレール」の機能性や着心地の良さと融合し、インダストリアルな雰囲気の漂う都会的なアイテムを仕上げた。シグネチャーのバックルももちろん用いられている。

「モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」は、 “メトロポリタンクロスオーバー”をテーマに、ビンテージライクなミリタリーと「モンクレール」の最新テクノロジーを掛け合わせた。今季もアイキャッチなタイポグラフィやモチーフを背中に施したアウター類が豊作。「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とポケモンの合同プロジェクト「サンダーボルト プロジェクト(THUNDERBOLT PROJECT)」とのコラボによるフーディとダウンジャケットも提案する。

「モンクレール パーム・エンジェルス」は、オーストリア人ウィリー・ドルナー(Willi Dorner)とのコラボレーションによる写真が飾られたギャラリーのような空間に、ラミネート加工を加えた色とりどりのつなぎのようなダウンを展示。そこにボタンを押すとカラフルなスプレーが噴射される仕掛けを用意し、テーマである“アートの破壊”を表現した。

白Tシャツが主役のエフォートレスなシンプルスタイル

アップロードファイル 9-1.pngアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.png

ナイロニスタの最旬リアルストリートスタイルをチェックできるから、白Tシャツを使ったシンプルスタイルをピックアップ。白Tのおしゃれなスタイリングアイデアをマークして!

タートルネックが大人らしい
白トップス×タイトスカートで作るハンサムガール。

台形スカートや華奢なショルダーバッグを、
Tシャツ&サンダルでカジュアルダウン。

スポーティなALLホワイトコーデに
スモーキーピンクのデニムを合わせて甘さをプラス。

白T×ショートデニムの定番スタイルに
クラッチバッグを合わせてスタイリッシュに。

アクティブガールのスポーツスタイルに、
ネオンカラーのシューズが映える!

オリジナル企画ではナイロニスタの最新コーデフォトを掲載中!
編集部イチオシのスタイリングはでピックアップしていくので、随時チェックしてね♪

2019年春夏、ジャケットはカッチリ着ない!しなやかな崩し加減が新しい

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

正統派テイストを薫らせるテーラードジャケットは2018年から人気が出てきましたが、19年春夏にもう一段の盛り上がりが来ました。各ブランドの展示会からは、アイテムの選択肢も広がって紺ブレからタキシード風、英国調ジャケットまで、さまざまなタイプが打ち出されています。

「イエナ(IENA)」はチェック柄シャツとパンツのセットアップに、ネイビーのジャケットをオン。トラッド感が出そうなところを、キャップでうまい具合にはずしました。ジャケットにはもともと紳士服系の品格ムードが備わっているので、キャップやスニーカーのようなスポーティー系アイテムを添えて、カッチリ決まるのを避けるアレンジが有効です。

マルチボーダー柄のトップスにジャケットを重ねたのは、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)」の提案。パンツスーツにアクティブ感を添えて堅苦しさを遠ざけています。ウエストポーチを合わせて、これから勢いづきそうな“スポーツテーラリング”のテイストミックスを試しました。

「ザラ(ZARA)」はダブルブレストのジャケットの上から紐ベルトでウエストマーク。まるでドレスのように、パンツスーツをしなやかに演出しています。つばの広い帽子でリゾート気分を呼び込み、注目のサンドカラーで全体を整えました。

このように、これまでのジャケットと異なる点は、カッチリさせすぎず、ややリラックスした気分で着こなす“崩しジャケット”のスタイリングにあります。それでは、各ブランドから提案されているコーデを見ていきましょう。

リゾートやノマド気分にジャケットで品格を添えて
 リゾートやノマド風のムードが夏に向けて打ち出されています。中東やアフリカにも関心が集まって、ポジティブなノマド風味は盛り上がりの兆し。端正なジャケットは、トロピカル柄やバケーションテイストを街中コーデに着地させるうえで、役に立つアイテムです。ルーズな装いに“きれいめ”が寄り添うのも頼もしいところ。

お得意の花柄をたっぷりあしらった「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」らしい装い。ブラウスはあでやかなフラワーモチーフで彩り、スカートも植物柄で埋め尽くした、トロピカルな“柄on柄”コーデ。そこにあえてショート丈の紺ブレを重ね、大人感をプラス。たおやかさを紺ブレで抑えて、グッドバランスに整えています。

「ローブス アンド コンフェクションズ(ROBES & CONFECTIONS)」は、パジャマのようなゆるりとしたフォルムのストライプ柄パンツに、裾を遊ばせた変形シャツを引き合わせました。休日の遅い起き抜け風の姿に、細身のテーラードジャケットを重ねてルーズ感をカット。ビーチサンダル風の足元ものどかな景色に見せています。

“大人かわいい”系ルックにジャケットでハンサム感をプラス
 久しぶりにミニスカートが復活しているのは、今春夏の目立った変化です。全体にフェミニンアイテムの揺り戻しが起きていて、アスレジャーやエフォートレスにも少し女っぽさが加わっているよう。キュートに見せすぎないブレーキ役としてもマニッシュなジャケットは効果的に使えます。

「ミュベール(MUVEIL)」はチュール裾とメタリックを宿したグラマラスなスカートに、有名な軟膏の“タイガーバーム”をもじったとおぼしき“ヒョウバーム”ロゴのTシャツでウイットを投入。ブリティッシュ顔のチェック柄ジャケットを羽織って、ムードをマスキュリンにシフト。さらに、袖先を折り返して、程よくこなれたハンサムレディー風の着映えにテイストミックスしました。

ガーリー×ダンディーのクロスオーバーを試したのは、「ザ・リラクス(THE RERACS)」のルック。ざっくり羽織って前を開けたダブルブレストのジャケットがミニボトムスを隠して、ミニワンピースのような見え具合に。キュートなミニの印象とゆったりしたジャケット姿が交差して、大人っぽさと愛らしさが入り交じる雰囲気にまとまっています。

パンツスーツを型通りに着ない“ずらしコーデ”
パンツスーツはりりしくまとまりがちですが、今のアレンジではマニッシュに寄せすぎない立ち位置が好まれる傾向にあります。ジェンダーレスの流れもあり、いかにもスーツ風ではなく、ゆるさやフェミニン感を添えてずらしを試みる提案が相次いでいます。

「ワイズ(Y’S)」はまるでパートナーのワードローブからメンズ物を借りてきたかのようなオーバーサイズのパンツスーツを披露。両袖を通さず肩掛けでざっくり羽織って、“ゆるモード”気分で着こなして。シャツもノンシャランに装い、全体をジェンダーフリュイドのイメージに整えました。

メタリックのフェミニンなトップスとの合わせを披露したのは「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」。仕立てのよいパンツスーツで全体にクールなムードを強調しながら、ジェンダーミックスのお手本的なコーデを組み上げました。袖のたくし上げで着崩す小技に加え、厚底シューズでグラムロック風のはずしも仕掛けています。

きちんと感の強い、オーソドックスなジャケットを、あえて肩の力を抜いて着こなすのが今春夏の落としどころ。リゾート風やフェミニン、スポーティー、ジェンダーレスなどさまざまなテイストと組み合わせテイストミックス感を際立たせやすいのも、正統派ジャケットの魅力と言えるでしょう。これまで目立っていたカジュアル寄りのアウターとは違ったムードを引き出してくれるうえ、薄着になる季節のレイヤードにも便利な“崩しジャケット”は人気が高まっていきそうな気配です。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。

みんなでNYLON JAPAN 3月号のページを作ろう インスタフォトを大募集

アップロードファイル 7-1.jpg

3月15日発売のNYLON JAPAN 1月号は、日本全国のナイロニスタを大フィーチャーした特別企画がお待ちかね!  そこで現在NYLON.JPでは、本誌に参加したいガールズから下記のインスタフォトを募集中。内容をチェックして、「これだ!」と思いついたものをパシャパシャ撮って送ってね!

【テーマ】
ナイロニスタが選ぶ!
今季のおしゃれアイテム&デリシャスなご当地フード自慢

募集カテゴリ
(1) バッグ
(2) シューズ
(3) アクセサリー
(4) アート/グラフィックタイツ
(5) 上記以外のファッションアイテム:トップス、ボトムス、コーディネイトなど
(6) メイクアイテム:リップやネイルのアップ、コスメなど
(7) ご当地フード:ご当地銘菓、地元カフェごはん、地元B級グルメなど
※顔が写っていてももちろんOK! いろんなアングルで遊んでみて☆
※ファッションアイテムは今季ゲットした新しいものを投稿してね!

ちなみに、エディターがチェックするポイントは、
・スタンプなどの過剰な加工がないもの
・メインとなる被写体が途中で切れていないもの
・構図や背景がアーティスティックなもの
の3点。ページ下のイメージギャラリーやNYLONのインスタを参考にしてね♪

参加方法
ページ下のボタンをクリックして、Eメールに写真を添付して送信☆
件名にはエントリーしたいカテゴリの番号を、本文には下の必須項目5つを忘れずに記入してね。
■ 名前
■ 出身地
■ 現住所
■ InstagramのID
■ 写真に写っているアイテムについてのコメント

※ご注意※
・ インターネット上で見つけた画像など、他人の写真を勝手に使うことは禁止です。
・ お送りいただいた写真は全てNYLON JAPANに帰属するものとします。

TAG Heuer 復刻モデル オウタヴィア

アップロードファイル 6-1.jpg

TAG Heuerから、故人“ヨッヘン・リント”が愛用した時計の復刻モデル「オウタヴィア」をご紹介!

2016年、TAG Heuerが開催した「オウタヴィア カップ」にて、16のヴィンテージモデルの中から50,000人を超えるファンのWEB投票によりF1ドライバー“ヨッヘン・リント”が愛用していた『オウタヴィア・リント』の復刻が決定。
「オウタヴィア」の名の由来は、自動車を意味する“automobile”と、飛行機を意味する“aviation”を組み合わせた造語となっています。
デザインを忠実に復刻させた同モデルはレトロな雰囲気漂う、ヴィンテージウォッチとして蘇りました。

男は経典を踏んで流れの道を歩いている

1904年に誕生してから、Sanbs de Cartierシリーズの腕時計はずっと伝奇を書いていた。二十世紀初めの工学時代の開山作として、Sanbs de Cartierシリーズの腕時計は一格の美学設計と突破性の機能で、現代風のシンボルとなった。
カルティエSanbsのCartierシリーズといえば、実はかなり歴史的な味わいがあり、その誕生や航空分野についても関係がある。ルイ・カルティエ(Lous Cartier)は、親友であるアルベルト・サンダー・ジモン(アルベントSantaont)という有名なブラジルのパイロットが、あの時のパイロットが直面している状況を知って、彼らが飛行中に時間の手紙を読むことができるように、男のために設計した腕の間にあるカルティエの時計が誕生しました。
カルティエは今年、Sanbs de Cartierシリーズの更新を行い、新世代SANTOSのCARTVerを発売した。新しい山量士の腕時計は、心地よく、レイアウトが巧みで、シリーズの腕時計に続くシンボル的な美学を中心とした要素であり、一方では古典的なデザイン要素を保持し、一方で、時と共に進むことができる。次に、カルティエSants de Cartierシリーズの大号金を楽しみにしています。
今回は、カルティエは、Sants de Cartierシリーズの新しいモデルをアップグレードし、クラシックデザインを保持し、その上で、表輪、チェーン、ココアなどの革新を行いました。ブレスレットのイノベーションはこの時計のハイライトの1つで、カルティエが使用するために高速に置き換えシステムQuickSwCHを採用した。これは、表の殻と合わせて1つの隠匿機関であり、装着者によっては精製鋼、18 K金の様々な異なる材質の表帯またはチェーンを取り替えることができ、自分の好きなスタイルを組み合わせて、トレンドに従うことができる。また、カルティエは、金属表鎖の調整システムSmatLinkを採用しており、ツールを借りる必要がなく、金属の鎖の長さを便利に調節できる。カルティエの今回の二つの技術は、表友たちに大きな利便性を提供しています。
Sanbs de Cartierシリーズは、パリの建築から参考にした四角と直線を残し、千編一律の円形設計を終えた。それが現れた四角形は、20世紀初めのパリの美学によって伝えられた精緻と対称なもので、エッフェル塔の四角いデザインに敬意を表します。表輪は丁寧な再設計を経て、ブレスレットとの接続はさらに滑らかに調和しています。繊細で長い線は腕時計に時代の特徴と活力を備えている。
表輪の上で依然として8本の経典のねじを残していて、実用性以外にも、パリの都市建築の黄金時代にはどこにもいない機械鋼構造を記念して、先衛と大胆を発揮します。
七角形表の冠は腕時計の側に位置し、上には複数の切面をはめ込み、硬直な直線構造と表殻が互いに映え、現代の衛星を完全に溶け込む。
白色の表盤がSanbs de Cartierシリーズの大型ローマ数字に続いた時は、軌道式の刻度盤と青鋼の針を選んで、読み取り時間がもっとはっきりしている。クラシックとファッションは腕の間でぶつかり、男の魅力を存分に見せる。
精製鋼が作った表帯は精巧で細やかで、しかも技術的には上の二つの技術を採用していて、活動中に勝手気ままにして、さまざまな場面によって色や素材の帯を気軽に組み合わせて、とても便利です。
今回のカルティエは、自産1847 Aの自動的なココアを使用しており、耐磁性、防水性、抗妨害などにも優れ、動力備蓄は42時間である。この機軸の上で、カルティエは自分自身の精強な製表の技とたゆまず追求している。

春をサキドリたいメンズへのダブルジップパーカー

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpgアップロードファイル 4-5.jpg

春を目前に、まだまだ肌寒い日が続いています。こんな季節の変わり目に、さらりと1枚あると便利なのがパーカー。上下どちらにもジップのついたタイプは着こなしの幅が広がる優秀アイテムです。インナーのカットソーをチラ見せするもよし、ベルトのバックルをのぞかせるもよしです。春をサキドルこと間違いないおすすめメンズダブルジップパーカーを集めてみました。
シンプルながらも、コットンスラブ糸にポリエステル糸をブレンドして生まれる繊細なミックスカラーが、カジュアルすぎない大人のパーカー。洗濯しても縮みにくいように製品洗いが施されているため、気兼ねなく毎日でも羽織ることができます。明るめのグレーなので、インナーはホワイトなど単色カラーが合いますね。春らしく、さわやかな着こなしがおすすめです。
Tシャツと同じ素材を使用した、やわらかな生地が特徴的。薄手なので、これからの季節にはメインのアイテムとして秋冬にはコートのインナーとしてもかさばらず、1年中活躍してくれます。シャツなど上品なスタイリングとも相性のよいスリムなシルエットが人気です。気どりすぎないラフな雰囲気が素敵ですね。

パイル織なので、ふんわりとした生地は肌触りもやわらかく、やさしい風合いが魅力的ですね。左胸部分に同系色で、ブランドロゴが刺繍されています。さりげないアクセントがうれしい1枚。写真のようにボーダーのカットソーと合わせると、簡単にマリンスタイルを作ることができます。

スリムなシルエットが子どもっぽくなりすぎず、しゃれた印象のパーカーです。定番カラーの展開が人気のスウェットパーカー。こちらは左袖部分にブランドロゴの刺繍入っていて、細やかなディティールが光ります。裏毛スウェットになっているので、風の強い日など、肌寒い日に活躍してくれるアイテム。上から薄手のジャケットを羽織って、レイヤードスタイルにするだけで、一気に春らしいコーディネートが完成します。
人気のシップスからは、チャンピオンとのコラボアイテムをご紹介。チャンピオンでは展開のない、ダブルジップ仕様が熱いですね。春夏向けの程よい厚さの生地は立体感があり、シンプルながらも存在感のある1枚。パーカーではあまり見ない、深めのインディゴカラーが目を惹きます。

洗濯による色落ちがあり、着込むほどに経年変化を楽しめます。こだわり派の方におすすめ。ライダースジャケットのような雰囲気がワイルドな着こなしにぴったりのパーカーです。首元まですべてジップを上げると、定番のパーカーに近いナチュラルなシルエットにもなります。伸縮性に優れたベアポンチ素材を採用しています。かすかな光沢感と細めのシルエットで、今までのパーカーとは違ったスタイリングが楽しめそうです。
スター柄を全面にプリントしたインパクトのあるアイテム。同系色でまとめられているため、そこまで派手にならず、さらりと馴染むパーカーです。どこかコーディネートで物足りないと感じたときなどに羽織ると、程よくパンチの効いたスタイリングになります。柄ものなのに大人っぽい絶妙なバランスが春先のファッションで活躍しそうです。
さっと羽織れる気軽さが人気のパーカー。今年も活躍する時期がやってきました。ダブルジップだと、上下の開け方によって、まったく違う表情を楽しむことができます。シルエットはスリムなものを選ぶときれいめのスタイリングにも合わせやすく、着こなしの幅も格段に広がりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

アナログとデジタルが融合!文字盤のガラスが液晶に変化するスマートウォッチ

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.gif

アナログ式のデジタルスマートウォッチが登場!

「矛盾してるじゃないか」と言われそうな表現ですが、決してそんなことはありません。ここでご紹介する「mim X」は、正真正銘のアナログ式デジタル腕時計。その革新性は、世界中のテクノロジージャーナリストを騒がせています。
一見、何の変哲もないアナログ時計のmim X。しかし、文字盤を覆うガラスは特殊なディスプレイになっています。

ボタン操作で、このガラスに情報が表示されます。「アナログ式デジタルスマートウォッチ」という意味がお分かりでしょうか。メッセンジャーアプリの着信、心拍数、電話の応対、カメラの遠隔操作等を文字盤のガラス上で行うことができます。
そしてこの仕組みは、言い換えれば時刻表示板がふたつあるということ。従って、アナログの針では日本時間、デジタルでは米東部海岸時間を表示するといった使い分けが可能です。

およそ40分間でフル充電でき、待機時間はデジタル表示を使用して約10日間。スマートウォッチに必要なスタミナも十分にありそうです。
海外出張の時には大いに活躍するであろうmim X。アナログ派、デジタル派を問わず取り込むことができる新製品でもあります。

mim Xはクラウドファンディング「Kickstarter」に出展中です。695香港ドル(約9800円)からの出資枠を設けています。
「デジタル腕時計がいい!」という人と、「時計はアナログしかない!」という人。「mim X」は、そのどちらにも対応できるスマートウォッチです。ふたつの時間を表示できるという点も、大いに評価できます。

オメガ海馬シリーズ300メートルダイビング新金時計北京東方広場で

近年では、「潜水腕時計」に対する愛 度合いが減っていない は、そ 性能、スタイルなど、同等 値段 他 表金として、より強力で美しいことに違いない。今年、オメガ(OMG)が新たに発売した海馬シリーズ300メートル 腕時計がこ ように発表され、多く 時計友たちが注目を集めている。今日、私たちは北京東方広場にあるオメガ 旗艦店を訪ねました。こ デザインが豊富で、サービスが行き届いている店 中で、オメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング腕時計を見ました。次に、私たちにこ 腕時計を理解してみましょう。

新しいオメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング腕時計は、多く 近代的なデザイン技術を取り入れ、様々なスタイル ダイビング腕時計を投入し、そ 中に6個が精製鋼 素材で作られたほか、8金では精鋼とK金混合素材を採用し、海馬シリーズ300メートル ダイビング表が誕生して25周年を迎える。

こ 枚は精鋼 金で、比較的に古いタイプ 海馬 シリーズ 腕時計に比べて、サイズはとても大きくて、精鋼 材質は42ミリ サイズ 表殻を作ります。シンボル的な潜水表 輪は陶磁器 材質を採用して、そ 中 潜水 刻度は白色 エナメルで覆われていて、持続的純潔な美感を示します。

灰色 陶磁器 表板はPVD 処理を経てクロム 色を形成して、レーザーによって波紋 図案を刻んで、太陽 線 光沢 あるも を表して、6時位置にカレンダー 窓を置くことがあります。円弧形 両面に反射して光を磨耗した青宝石 時計 鏡 設計によって、表盤がよりはっきりと直観する。

こ 新しい海馬300潜水腕時計は、オメガ 最新 特許技術である陶磁器 ロックロック技術を採用し、方向性透明表 バックを実現させることができ、300メートル ダイビング 深さを保証しながら、機軸 運転を楽しむことができる。内部は8800至極 天文台 コアを搭載しており、抵抗は15 , 000 高い磁場にも抵抗できる。

クールな手ブルックリンのカスタマイズされたロレックスデイトナ時計

今年の初めに、私はKalvitz Design X Les職人によってレス・アルチザンデGen - ve veによってジェンLe 01 LK 01ロレックスDaytona腕時計を概説しました。今回、彼らはベースロレックスDaytona Ref . 116520をして、彼らがブルーとオレンジ色の計画でクールな手ブルックリン腕時計と呼ぶものにそれを変えることによって、映画製作伝説スパイクリーと提携しました。ブルックリンに拠点を置くネットが黒と白である間、私自身のような生まれつきのニューヨーク(そして、ブルックリン)が指摘するためにバインドされているように、オレンジと青はニューヨークニックスの色です。それが言われて、私はネットがニュージャージーからブルックリンに2年前だけ移ったと思います。時計のイメージから、作品が金属のように見えるのを楽しみにしています。私は、クールな手ブルックリンの鮮明で楽しいデザインが強いアイデンティティで贅沢な製品のためになると思います。
明らかに、あなたがクール手ブルックリンについて気づく最初のことは、彼らの独自のブリーSzzk色として参照してくださいラグ、青い色です。深いネイビーブルー、色はベークライトベゼルとダイヤルだけでなく、トップクロノグラフプッシャーで使用されます。対照的に、オレンジはサブダイヤルリング、クロノグラフとサブダイヤルの手、下のクロノグラフプッシャー、そして最後にテキストで“ブルックリン”を読んで使用されます。私は、それが12時にロレックス王冠の下でロレックスオイスターDaytonaを読んで、ダイヤルテキストを最小にしておくという決定であると思います。このようなプロジェクトによって怒りや発作の発作に巻き込まれた人々はたくさん言う必要がありますが、私の意見では、ダイヤルとケースはクールで、さわやかで、楽しく見えます。
ケースをひっくり返すことは、青い金のローターで再されたcasebackを明らかにします。あなたが何を青い金があるか疑問に思っているならば、あなたは一人でありません。私はジョン・アイザック(ラグの熱烈なCEO)にブルーゴールドについて尋ねました、そして、彼はそれが深い「ブリーSzzk」青に終わるために強い処置プロセスを受けた22 Kホワイトゴールドであると説明しました。展示casebackを通して、あなたは72時間の予備役を持って、現在何年もDaytonaで遍在していた不変のロレックスCaliber 4130運動を見ることもできます。注意するために、私は、この運動がロレックスの現在のロレックス超能力クロノメーター証明をしなかった参照116520デイトナからあると仮定します。
涼しい手ブルックリン腕時計は、かなりきちんとしたように見えるワニにおいてされるNATOストラップに関して来ます、しかし、私はオリジナルのブレスレットも含められてうれしいです。私はより多くの重量を量る前にNATOストラップを見て、感じたいです、しかし、バットから、私は私がLK 01で見た軍のカフストラップよりそれが好きであると言うことができます。革の中でNATOストラップをすることは確かに珍しい動きです、しかし、Arigatorの使用はまだ腕時計をスポーティな観察を成し遂げます。
私は若い頃からスパイクリーを賞賛しました、そして、彼のアイデンティティはニューヨーク市と特にブルックリンのそれと全く無期限に結びつきました。10年以上の間、私はBoerum Hillに住んでいました。Nyuの大学院生として、私は彼もダウンタウンのまわりで彼を見ました。男性は機関です、そして、正直に、私は腕時計協力が彼のはっきりした創造的なアイデンティティを翻訳して、伝える際に成功することができたとかなり懐疑的でした。私は完全に人にそれを扱うまで成功を計ることができません、しかし、実行と終わりが私が調査したLK 01腕時計と同等であるならば、Les職人は、Gen - ve veが本当にユニークな製品をここで持っています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ