記事一覧

男は経典を踏んで流れの道を歩いている

1904年に誕生してから、Sanbs de Cartierシリーズの腕時計はずっと伝奇を書いていた。二十世紀初めの工学時代の開山作として、Sanbs de Cartierシリーズの腕時計は一格の美学設計と突破性の機能で、現代風のシンボルとなった。
カルティエSanbsのCartierシリーズといえば、実はかなり歴史的な味わいがあり、その誕生や航空分野についても関係がある。ルイ・カルティエ(Lous Cartier)は、親友であるアルベルト・サンダー・ジモン(アルベントSantaont)という有名なブラジルのパイロットが、あの時のパイロットが直面している状況を知って、彼らが飛行中に時間の手紙を読むことができるように、男のために設計した腕の間にあるカルティエの時計が誕生しました。
カルティエは今年、Sanbs de Cartierシリーズの更新を行い、新世代SANTOSのCARTVerを発売した。新しい山量士の腕時計は、心地よく、レイアウトが巧みで、シリーズの腕時計に続くシンボル的な美学を中心とした要素であり、一方では古典的なデザイン要素を保持し、一方で、時と共に進むことができる。次に、カルティエSants de Cartierシリーズの大号金を楽しみにしています。
今回は、カルティエは、Sants de Cartierシリーズの新しいモデルをアップグレードし、クラシックデザインを保持し、その上で、表輪、チェーン、ココアなどの革新を行いました。ブレスレットのイノベーションはこの時計のハイライトの1つで、カルティエが使用するために高速に置き換えシステムQuickSwCHを採用した。これは、表の殻と合わせて1つの隠匿機関であり、装着者によっては精製鋼、18 K金の様々な異なる材質の表帯またはチェーンを取り替えることができ、自分の好きなスタイルを組み合わせて、トレンドに従うことができる。また、カルティエは、金属表鎖の調整システムSmatLinkを採用しており、ツールを借りる必要がなく、金属の鎖の長さを便利に調節できる。カルティエの今回の二つの技術は、表友たちに大きな利便性を提供しています。
Sanbs de Cartierシリーズは、パリの建築から参考にした四角と直線を残し、千編一律の円形設計を終えた。それが現れた四角形は、20世紀初めのパリの美学によって伝えられた精緻と対称なもので、エッフェル塔の四角いデザインに敬意を表します。表輪は丁寧な再設計を経て、ブレスレットとの接続はさらに滑らかに調和しています。繊細で長い線は腕時計に時代の特徴と活力を備えている。
表輪の上で依然として8本の経典のねじを残していて、実用性以外にも、パリの都市建築の黄金時代にはどこにもいない機械鋼構造を記念して、先衛と大胆を発揮します。
七角形表の冠は腕時計の側に位置し、上には複数の切面をはめ込み、硬直な直線構造と表殻が互いに映え、現代の衛星を完全に溶け込む。
白色の表盤がSanbs de Cartierシリーズの大型ローマ数字に続いた時は、軌道式の刻度盤と青鋼の針を選んで、読み取り時間がもっとはっきりしている。クラシックとファッションは腕の間でぶつかり、男の魅力を存分に見せる。
精製鋼が作った表帯は精巧で細やかで、しかも技術的には上の二つの技術を採用していて、活動中に勝手気ままにして、さまざまな場面によって色や素材の帯を気軽に組み合わせて、とても便利です。
今回のカルティエは、自産1847 Aの自動的なココアを使用しており、耐磁性、防水性、抗妨害などにも優れ、動力備蓄は42時間である。この機軸の上で、カルティエは自分自身の精強な製表の技とたゆまず追求している。

春をサキドリたいメンズへのダブルジップパーカー

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpgアップロードファイル 4-5.jpg

春を目前に、まだまだ肌寒い日が続いています。こんな季節の変わり目に、さらりと1枚あると便利なのがパーカー。上下どちらにもジップのついたタイプは着こなしの幅が広がる優秀アイテムです。インナーのカットソーをチラ見せするもよし、ベルトのバックルをのぞかせるもよしです。春をサキドルこと間違いないおすすめメンズダブルジップパーカーを集めてみました。
シンプルながらも、コットンスラブ糸にポリエステル糸をブレンドして生まれる繊細なミックスカラーが、カジュアルすぎない大人のパーカー。洗濯しても縮みにくいように製品洗いが施されているため、気兼ねなく毎日でも羽織ることができます。明るめのグレーなので、インナーはホワイトなど単色カラーが合いますね。春らしく、さわやかな着こなしがおすすめです。
Tシャツと同じ素材を使用した、やわらかな生地が特徴的。薄手なので、これからの季節にはメインのアイテムとして秋冬にはコートのインナーとしてもかさばらず、1年中活躍してくれます。シャツなど上品なスタイリングとも相性のよいスリムなシルエットが人気です。気どりすぎないラフな雰囲気が素敵ですね。

パイル織なので、ふんわりとした生地は肌触りもやわらかく、やさしい風合いが魅力的ですね。左胸部分に同系色で、ブランドロゴが刺繍されています。さりげないアクセントがうれしい1枚。写真のようにボーダーのカットソーと合わせると、簡単にマリンスタイルを作ることができます。

スリムなシルエットが子どもっぽくなりすぎず、しゃれた印象のパーカーです。定番カラーの展開が人気のスウェットパーカー。こちらは左袖部分にブランドロゴの刺繍入っていて、細やかなディティールが光ります。裏毛スウェットになっているので、風の強い日など、肌寒い日に活躍してくれるアイテム。上から薄手のジャケットを羽織って、レイヤードスタイルにするだけで、一気に春らしいコーディネートが完成します。
人気のシップスからは、チャンピオンとのコラボアイテムをご紹介。チャンピオンでは展開のない、ダブルジップ仕様が熱いですね。春夏向けの程よい厚さの生地は立体感があり、シンプルながらも存在感のある1枚。パーカーではあまり見ない、深めのインディゴカラーが目を惹きます。

洗濯による色落ちがあり、着込むほどに経年変化を楽しめます。こだわり派の方におすすめ。ライダースジャケットのような雰囲気がワイルドな着こなしにぴったりのパーカーです。首元まですべてジップを上げると、定番のパーカーに近いナチュラルなシルエットにもなります。伸縮性に優れたベアポンチ素材を採用しています。かすかな光沢感と細めのシルエットで、今までのパーカーとは違ったスタイリングが楽しめそうです。
スター柄を全面にプリントしたインパクトのあるアイテム。同系色でまとめられているため、そこまで派手にならず、さらりと馴染むパーカーです。どこかコーディネートで物足りないと感じたときなどに羽織ると、程よくパンチの効いたスタイリングになります。柄ものなのに大人っぽい絶妙なバランスが春先のファッションで活躍しそうです。
さっと羽織れる気軽さが人気のパーカー。今年も活躍する時期がやってきました。ダブルジップだと、上下の開け方によって、まったく違う表情を楽しむことができます。シルエットはスリムなものを選ぶときれいめのスタイリングにも合わせやすく、着こなしの幅も格段に広がりますので、ぜひ、参考にしてみてください。