記事一覧

この時計は、いろいろな意味で、前述のニバダやバルチックといったブランドを思い出させる。

しかし、ここでは時計そのものを見てみよう。こうしたモデルでは、間違いなく外観が人々を引きつけるからだ。文字盤のオプションは全部で5種類。ホワイトにブラックのアクセント、サーモン、ブラック(写真なし)、オフホワイトに経年加工のアクセント、そしてホワイトの文字盤にレッドとブルーのアクセントだ。

この5種を一度に見るとどれを選ぶか迷ってしまい、気が散るとは言わないが、ちょっと気が引ける。スーパーコピー時計というのも、それぞれのバリエーションで時計の表情がまったく異なるため、モデル全体を吟味するのが難しくなってしまうのだ。実際、サーモンダイヤルは他のモデルに見られるような余分な目盛りはなく、物理的に異なるデザインになっている。他よりシンプルというか、最小限のデザインだ。さて、多くの方はサーモンダイヤルに引かれると思うが(間違っていたら教えてくれ)、私はマルチカラーに惹かれる。ホワイトの文字盤にポップなレッド、そしてタキメータースケールのブルーのプリントは、1940年代のヴィンテージクロノを究極の形で表現していると思う。間違いなくこのモデルをつけるのが一番楽しかった。

そういえば、この38.9mmというサイズ感も、この時計の最大の魅力かもしれない。フランジの外側やロゴ、文字など、文字盤上にはたくさんのものがあるが(外付けベゼルがないこともあり)、それでもエクセルシオパークがヴィンテージサイズを維持したことで、その情報量の多い文字盤がうるさくならないのだ。

テレメータースケールやタキメータースケールの数字が煩雑になるのを解消するために、アワーマーカーにアラビア数字を採用し、機能性(どちらの目盛りも本来の使い方をわかっている前提だが)と視認性を両立している。

この時計は、いろいろな意味で、前述のニバダやバルチックといったブランドを思い出させる。つまり、デザインに時計への情熱が流れているのを感じられるのだ。深い美意識と歴史的な部分にまでこだわり、同ブランドは現在の市場にないものを提供してくれている。一般的なデザインモチーフを取り入れた時計が多いバルチックとは異なり、エクセルシオパークはスイスという小さな時計製造国でかつて名をはせたブランドのアイデンティティを用いているのだ。たとえ新しい経営下であっても、その伝統が背後にあることは、何か特別なことだと思う。さらに、2000ドル強(正確には2159ドル50セント、約24万8000円)という財布に優しい価格設定も魅力的だ。

クォーツ危機で犠牲になったブランドが、アイアンマンの鎧の手(この記事でアベンジャーズを例に挙げるのを止められない)によって再び命を吹き込まれるなら、私は大賛成だ。老舗の時計メーカーが潰れてしまうという悲しい話は、これまでにもたくさんあった。しかし、マイクロブランドが台頭してきたことで、その流れが変わったのだ。どこまでがリバイバルブランドで、どこからがマイクロブランドなのか、わからなくなる日もそう遠くはないだろう。結局、その時計がクールならば、それでいいのだと思う。

エクセルシオパーク EP95001-5004: 100m防水。直径38.9mm、ケースバックはオープンタイプとクローズドタイプ。SS製ケースとレザーストラップ。手巻きムーブメントのセリタ SW510 M BH B搭載。ケースの厚さはオープンケースバックで13mm、クローズドケースバックで12.85mm。ラグ幅、20mm。価格:2159.5ドル(約24万8000円)

【関連記事】:https://herefashion89.vietnhat.tv/

私はこの時計を、主に特別な日のために、それほど頻繁に着用していません。

この時計を持って3、4年になるころ、ニューヨークのダイヤモンド地区の47番街を歩いていたときのことです。ある時計店に立ち寄り、販売員のひとりに「GMTマスターによくあるジュビリーブレスレットはあまり好きではないんだ」と話しました。「プレジデントが好きでね」。「このGMTにプレジデントブレスレットをつけるのは難しい?」と尋ねると、その組み合わせはブレスレットを時計本体にカスタムフィットさせなければならないし、時計の価値を下げてしまうかもしれないとのこと。「でも、これは私の息子に受け継がれるものだし、その息子にも受け継がれる。だから、その価値なんてどうでもいいんだ。特別なものなんだから」と私は彼に話した。

販売員は奥に入り、以前デイデイトについていたとてもクールなプレジデントブレスレットを手に戻ってきました(リンクは少し緩んでいた)。もっと新しい、リンクがしっかりしたブレスレットもあったものの、私はあまり新しいものが好きではありません。今までオープンしたレストランはすべてが前もお店だった物件で、そこには文化や風格が感じられるからです。彼はその時計にブレスレットを合わせてくれ、今、私の腕には最高にクールな時計があります。私の知る限り、地球上で最も格好いいロレックスだと思っています。

私はこの時計を、主に特別な日のために、それほど頻繁に着用していません。でも、この時計はTシャツとジーンズにつけるだけで気分がよくなるような、そんな不思議な力を持っているんです。そんなことができるものはそう多くはありませんが、美しい時計にはそれが可能です。そして、私がこの時計を身につけると、必ず誰かから話しかけられます。会話のきっかけになるんです。

歴史上の偉人のなかで、強いセンスを持った人たちを思い浮かべると、その多くがロレックスを腕にしています。スティーブ・マックイーンは私のアイコンですが、彼はロレックスをつけていました。このブランドはルネッサンスな人たちを惹きつけているのだと思います。一芸に秀でた人たち。私は時計のスタンダードに恥じないよう、ベストを尽くしています。

そういえば、The Meatball Shopを始めたころ、いつかロレックスを買うんだと言っていたことを覚えています。私は、デザインインスピレーションを得るために、すべてのレストランのPinterestボードを作るのが好きで、私のページには、"All I Want "というボードがあります。自分がかっこいいと思うものばかりを集めていて、ゴールドのロレックスにプレジデントブレスレットをつけた写真がそのなかにありました。それはGMTマスターじゃなかったけれど、ロサンゼルスの店に入って、黒いストラップがついたこのGMTを見たとき、これだ!と思ったのです。そして、時間をかけることで今している時計を作り上げたという感覚があります。物事は、スタート地点で終わる必要はないのです。


【関連記事】:https://www.zamnoy.com/blogs/tikecopy520

時計について母から聞かされたことを今でも引きずっている

問題なのは私が母の意見に反対だということではない。母の言うことが正しいのではないかと思うと怖いのだ。

私が子供のころから母は「男は2つのものを持っているべき」と力説していた。それはいい時計といい香水だ。ロレックス 新作 2022私は現在34歳だが、ジェンダーは有害な社会構造であり、特に男らしさは口に出すものも出さないものも含めて救済の余地がないほど暴力的な力であると確信している。私は4種類の香水と6つの時計を持っている。この点では母の勝ちだろう。

しかし、いい時計から連想される男性的なかっこよさは私を常に引きつけてやまない。もう何年もそうだ。何十年も前から。ビギー(※)が「Mo' Money, Mo' Problems」のなかで、本物のモテ男たちにロレックスを空に向かって振るように指示したときから、時計が自分を際立たせてくれることはわかっていた。持っているだけで一目置かれ、高価で羨望の的となるものだと。

2020AW ロレックス偽物 サブマリーナーデイト メンズ 126613LB

カテゴリ ロレックス サブマリーナー
型番 126613LB
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・イエローゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブルー
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 41.0mm
機能 デイト表示
付属品【詳細】 内箱
外箱

2021年発表の新世代モデル【126613LB オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。
ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。
また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載。


【関連記事】:https://dihaefashion28.amamin.jp/